キッズドア[ガクボラ]高校生プロジェクト キッズウィンドウ
 

カテゴリ

2/10,11 東日本大震災復興こども募金

皆さんこんにちは!
リーダーです。
2月10日、11日に有楽町で募金活動を行いました!
私自身初体験だったのでお金をどう集めていいか不安でしたが、約25万円という大金を預かることが出来ました!
中にはお札を入れてくれた方も沢山いらっしゃってすごく感動しました。

また、私達はまた新たに学んだ事もあります。
“東日本大震災”というキーワードが薄れつつある今日この頃。
多くの人の意識の中からあの悲劇が消えようともしているように思います。
しかし、現状はまだ解決していないことだらけです。
東北に残った子供達、東京や関東周辺に避難した子供達は元のような生活が出来ていないのは勿論、まだ十分に教育を受けられていないように思います。
そのような現状をどれだけ多くの人が理解しているか、直接感じる事ができました。
私自身、震災直後より街の震災への関心は薄れていたように思います。
街頭にはやはり様々な考えの方々がいらっしゃるので、KidsWindowに感心を示して募金してくれる方。
様々な理由や思想からそうでない方も勿論いらっしゃいます。
冷たい目線やちょっとした陰口も見られたのではないかと思います。
しかし誰かが一歩踏み出さなきゃいけない、見てるだけじゃ始まらない、という高い意識を持った高校生達が自主的に街頭に立つ事によって多くの人々の心を動かしたのも確かだと思います。
現に、遠回りをしてでも募金してくださった方も多くいらっしゃいました。
あれは、KidsWindowメンバーが街の人々の意識を再び発芽させた瞬間だと思います。
小さな事でもやらなきゃ意味はないと思います。
言うだけなら誰でも出来ますが、様々な逆境に心折れそうになっても、一度も声掛けを止めなかった我がメンバーには心から感心していますし、感謝の気持ちでいっぱいです。
またそれ故に素晴らしい活動でした。

メンバーからは常に多くの事を学ばせて貰いました。
彼らは私には無い素晴らしい能力でこの一年間私をバックアップしてくれました。
本当にありがとう。
今回の募金が私がリーダーとして活動予定の最後のイベント(今のところ)です。
意識の高い高校生に囲まれ、このように有終の美を飾れたことは私の人生のかけがえのない宝です。
それ同様に私は責任者の西山さんを始め、全メンバーのことを誇りに思っています。
来年度、どのような活動を行うかまだ未定ですが、どうか自信を持って堂々と活動して欲しいというのが私の願いです。

KidsDoor関係者の皆様2年間、本当にありがとうございました。
長いようで短い青春期をKids Windowで過ごせた事は私の中で貴重な経験として刻まれています。
この2年間で学んだ事を次待ち受ける私の人生で多いに活用していきたいです。
最後にブログを読んで頂いている皆様にも感謝申し上げます。
次年度のKidsWindowも宜しくお願い致します。

Kids Window2012リーダー
菅井碧


一応締めさせて頂きました!が、また書くかもしらませんのでその時は宜しくお願い致します。
リーダーより。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP SlimStat